四国松山の観光タクシー 福祉タクシーなら四国交通株式会社

観光のご予約はこちらをクリック

ホーム > 観光タクシーについて > 松山市内観光コース

松山市内観光コース

Sightseeing in Matsuyama city

Aルート(所要時間:約2時間)

9,680円〜(小型タクシー)>>料金の詳細はこちら

松山市内を駆け足で巡るフリープラン。
ホテル等からコースにこだわらずに貴方のご希望に合わせて自由に観光スポットをご案内いたします。
観光博士のドライバーが如何様にもご相談に応じますので会議等の前後のロスタイムを有効に活用出来るナイスプランです。

Bルート(所要時間:約4時間)

19,360円〜(小型タクシー)>>料金の詳細はこちら

(例)各所(ホテルなど)出発→ (1)道後温泉→ (2)石手寺→ (3)松山城→ (4)子規堂又は坂の上の雲ミュージアム→
(5)伊予かすり会館→ 各所(空港・観光港・JR駅)
(コース変更可)

 

Cルート(所要時間:約6時間)

29,040円〜(小型タクシー)>>料金の詳細はこちら

(例)各所(ホテルなど)出発→ (1)道後温泉→ (2)子規記念博物館→ (3)石手寺→ (4)松山城→(5)坂の上の雲ミュージアム→
(6)砥部焼き→ (7)伊予かすり会館→ 各所(空港・観光港・JR駅)
(コース変更可)

松山市内観光コースの見所

「日本書記」や「万葉集」、「源氏物語」に伊予の湯として登場する日本最古の名湯です。
建築から100年以上経った本館は大衆浴場としては始めての国の重要文化財としても知られ、
夏目漱石の小説「坊っちゃん」の中でもこの道後温泉を誉めています。
また、映画「千と千尋」の舞台になったのが道後温泉とも言われています。

松山出身の俳人、正岡子規の35年の人生を知ることができる博物館です。
道後温泉から徒歩5分、道後公園となりにあります。
彼の文学との深い関わりや、親交のあった夏目漱石ら文人と交わした書籍などを展示しています。

四国霊場第51番札所で「お大師さん」として松山市内の善男善女から崇敬されています。
寺伝では、728年に聖武天皇の勅願で建立され、
初めは安養寺といっていましたが、813年に石手寺と改めらました。
産婦がお堂の前の小石を持ち帰り、無事に出産すれば借りた石と別の石を持参し感謝する風習が今も受け継がれています。

器創業220余年の歴史を持つ「砥部焼」の里です。
砥部焼はその素朴な温かみが親しまれ、日常生活の中で広く利用されています。
砥部町内には100余りの窯元があり、砥部焼を展示している砥部焼伝統産業会館やオリジナルの砥部焼が作れる陶芸創作館など、関連施設も充実しています。

海抜132mの勝山山頂部分に本丸を置く松山城は、
姫路城・和歌山城と並ぶ日本三大連立式平山城として知られています。
門櫓(もんやぐら)・塀を多数備え、狭間(さま)「鉄砲・弓」や石落とし、高石垣(たかいしがき)などを巧に配し、攻守の機能に優れた日本一の連立式平山城と言われています。

子規が幼少から17歳までを過ごした家の一部である8畳の書院を子規の菩提寺・正宗寺境内に移築・復元したものです。
子規の子供時代の勉強部屋が再現され、彼が愛用した勉強机、遺品なども置かれています。
また、子規堂前の広場では、現存する最古の軽便機関車の客車「坊っちゃん列車」が展示されています。

90年以上の歴史を持つ伊予絣は、松山出身の鍵谷カナによって初めて作られ、
久留米絣、備後絣と並んで日本三大絣の一つに数えられています。
館内では昔ながらの製造工程や機織りの実演が見学でき、
歴史館では伊予絣に関する民具・資料が展示されています。

ご予約はこちら

TOPへ戻る