四国松山の観光タクシー 福祉タクシーなら四国交通株式会社

観光のご予約はこちらをクリック

ホーム > 観光タクシーについて > 内子・大洲コース

内子・大洲コース

sightseeing in Uchiko and Ozu

内子・大洲コース (所要時間約6時間)

30,000円〜(小型タクシー)>>料金の詳細はこちら

(例)松山市内→ (1)内子(町並散策・上芳我邸・町家資料館・商いと暮らし博物館・内子座等)→ (2)大洲城→
(3)おなはん通り →(4) 臥龍山荘→ (5)松山市内(空港・JR・観光港等)

内子・大洲コースの見所

内子町並散策

内子町は、江戸末期から明治期にかけて、木蝋づくりで栄えた町。
往時の繁栄を偲ばせる八日市護国の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区。
豪商の家をはじめ、漆喰壁、土蔵、格子窓の家々が続く。

上芳我邸(木蝋資料館)

木蝋製造で財をなした豪商本芳我邸の分家の屋敷。 主屋は明治27年に建てられたもので漆喰壁におおわれた重厚な造りに豪商ぶりがうかがえる。
国の重要文化財に指定されている。
料金:大人500円、小中学生250円

内子座

大正5年に町の有志の出資において創建された芝居小屋で、老朽化していたため、昭和60年に修理復元し、建設当時の姿を蘇らせた。
館内には花道、回り舞台黒簾定式幕など歌舞伎劇場の設備が整っている。

大洲城

明治21年天守が取り壊されましたが4棟の檜は解体をまぬがれ、いずれも国の重要文化財に指定されています。
4層4階の天守は平成16年に木造で復元したものです。

臥龍山荘

肱川流域臥龍淵に明治時代の貿易商河内寅次郎が構想10年、工期4年を費やして築き上げたもので茅葺の母屋の臥龍院、肱川にせり出すように立つ不老庵かつて浴室だったものを茶室に改築した知止庵の3つの建物があり数奇屋建築の粋を集めたものばかり。

ご予約はこちら

TOPへ戻る